放課後等デイサービス

放課後等デイサービスを選ぶ4つのポイント

この数年で放課後等デイサービスの事業所は増えてきています。
社会福祉法人やNPO、株式会社など。
また、同じ法人でも、事業所ごとにその特徴は様々。

積極的に見学に来てくださった保護者さまが多かったこの新年度前シーズン。
お子さまが安全に、楽しく過ごせる場を見つけるための放課後等デイサービスを選ぶ4つのチェックポイントを挙げてみました。

◻︎利用している他のお子さま達の様子

放課後等デイサービスと一口に言っても、
その対象となる年齢は小学校1年生から高校3年生までとかなり幅広いですよね。

「利用している子どもの中で、特別支援学級・学校にいる子と普通級にいる子の割合はどれくらいですか?」

「通っているお子さんの主な学年を教えてください。」

こんな風に聞いてみるといいかもしれません。
教室ごとに利用しているお子さまの特徴がかなり異なります。

小学校低学年中心もあれば、小学校低学年から高校生までのお子さまが利用している放課後等デイサービスもあります。

同じ年齢のお子さまが多い教室だと宿題や課題学習が一緒にできるのでいいかもしれません。
あるいは、色んな年齢のお子さまがいるほうが遊びや学びの幅が広がるという見方もできます。

◻︎先生スタッフたちの様子

放課後等デイサービスで働くスタッフの資格やこれまでのキャリアは多様です。

先生スタッフの経歴を気にされる保護者さまが多い印象を受けますが、あまり重要な要素ではありません。
というのも、放デイの事業所の多くは設立から日が浅く、ほとんどのスタッフは療育以外の分野から転職してきている場合が多いからです。

資格は経験や学んできたことの証明としてわかりやすいのですが、数ヶ月前までは全く別の分野の支援をしていた場合もあります。
それでも気になる方は、見学や事前の問い合わせで聞いてみるといいかも!

◻︎距離と通いやすさ

車での送迎に対応しているかどうかは事業所ごとに異なります。

学校の近くにある事業所でも、教室や学校入り口までスタッフがお子さまをお迎えに行くところもありますが、各事業所に確認が必要ですよね。

その他にも4時まで?6時まで?延長利用が可能?かどうかなど、利用しやすさも確認しておくといいかも。
やはり融通が効く事業所がありがたいですよね!

◻︎家庭の教育方針や独自のこだわり

最重要ポイントになるかもしれません。

お子さまにとって安心して過ごせる環境かどうか、
保護者さまだからこそわかる、こだわりたいポイントがあると思います。

例えば、

集団生活のなかで育てたい、

溢れるエネルギーを事業所で発散してきてほしい、
国際感覚を身につけてほしい、
「うちの子でも取り組めそうな課題は、どんなものがあるでしょうか?」

先生スタッフと密にコミュニケーションをとりたい等。

 

いかがでしたか?
さてシェサンはというと…シェサン放課後等デイサービスの特徴

日々変わるサービスや他のお子さま方の様子等、現場スタッフが丁寧にお答えします。
ぜひ教室見学やお問い合わせください。

また、放課後等デイサービスにどんな関わり方を求めているのかお伝えください。
一緒にお子さまにとって最適な居場所を見つけていきましょう!